BLOGブログ

2017.06.30 Friday

キッチンハウス横浜~テラスショールームが誕生


 
 
 
横浜本牧に、新しいテラスショールームが誕生
 
 
エントランスの大きな窓に、キッチンハウスの熟練した職人の手をクローズアップ
 
 
お家芸である突き板の貼り合わせを大きな白黒写真で表現
 
 
 
 

 
 
 
 
桜並木の緑を反映して、インテリアにも沢山の植栽を入れました
 
 
本牧テラスショールームの近くにセンスの良い植栽専門店があり
 
 
イメージを伝えたらすぐに具現化してくださって、とても心強いです。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
キッチンハウスでは、モダンな框を発表!
 
 
リーズナブルで落ち着いた雰囲気が出ます。
 
 
この白い框のキッチンの天板+バックパネルもドイツ直輸入のエバルト
 
 
突き板のようですが、手入れが楽で、傷つきにくく、木質が出て
 
 
キッチンの材料としては理想的!
 
 
 
 
 
 

 
 
 
岡山店でもご紹介した、世界的な新素材ーフェニックス
 
 
昨年のサローネを見学して感銘を受けたキッチンハウスのスタッフが
 
 
素材の検証を経て、早速商品化しています。
 
 
 
黒い素材は、今のインテリアに最適ですが、今まで傷、指紋の問題で使いにくかったですが
 
 
このフェニックスはその全ての問題を解決、理想的な素材です。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
モダン框をフェミンに!
 
 
やはりドイツ直輸入のエバルト素材ーベージュにするとまた表情が変わります。
 
 
キッチンハウス、オリジナルーエアーソファと共に。
 
 
 
 

 
 
 
二階には、グラフテクト=リーゾナブルなインテリア全てが同じ素材で揃うシリーズ。
 
 
 
木質が出ていて、傷つきにくく、お手入れが簡単なので、日常使いに最適。
 
 
ベージュ、ベンゲ、ブラウン、ウオームホワイト、ウッドホワイト、五色の展示、
 
 
全てに、ダイニング、キッチン、リビングと展開しています。
 
 
イタリアや欧米がキッチンを中心にダイニングからリビングへとトータルデザインされている
 
 
流行をいち早くキッチンハウスも追従しています。
 
 
 
 
 

 
 
 
エバルト素材はキッチンを含む、生活シーンにいろいろな可能性を開いています。
 
 
キッチンの側に家事コーナー、奥様が煮物している時に、パソコンを見てもいいし
 
 
お母さんがお料理している時に、側で子供たちが宿題をしても便利です。
 
 
 
 
 

 
 
 
キッチンハウス、上海、岡山ショールームのデザインをして下っている
 
 
隈研吾氏デザインのテーブルと椅子は、二階の打合せコーナーに、
 
 
先ほどの、植栽やさんの行き届いた世話により、生き生きしています。
 
 
 
左の白黒の写真はキッチンハウス藤岡工場
 
 
現在新ショールームの準備が進行中です。ご期待ください !