BLOGブログ

2010.08.22 Sunday

感激したピースホテル


 
 
ここは、上海、100年前のアールデコのホテルを3年間閉じて、きっちり再現したホテル
 
 
上海に来て、その経済活動の勢いに驚く事は予感して来たのですが、
建物でこんなに感激するとは夢にも思っていませんでした。
 
その前の日には、パークハイヤットも見学してそれなりにシックでしたが、、、、、
 
 
このピースホテルは本当に何と表現すればいいのか、美しいの一言!!
 
 
バーに座ってどこを眺めてもすべてが完結しているんです。
 
 
アールデコをここまで忠実に復元されたホテルに伺ったのは初めてです。
 
 
そして感動しました!!
 
 
 

 
 
 
イギリスの建物が沢山リフォームされて、まるでロンドンにいるような通りの中程に、、、、
 
 
ピースホテルは、3年間の沈黙を破って再オープンしました。
 
 
勿論その前を知らないのですが、きっと原型に限りなく近く復刻されたのでしょう、、、、
 
 
一緒に見学した隈研吾さんに感想を伺ったら、、、、、
 
中国人はここまで徹底するから恐ろしいんだよね、、、、、
 
 
と、、、、、、、
 
 
今、隈研吾さんは、ニューヨークのワールドトレードセンターの5フロアーを
 
 
中国政府から依頼を受けて、中国総領事館を設計中とのこと。
 
 
‘何故日本人の僕かはわからないけどね?’ット、首を傾げておられました。
 
 
 
昨日、今日上海にいて、明日は東京、明後日は北京に戻られるそうです。
 
 
肌で感じられる中国の脅威は凄いものがあるのでしょう、、、、、、、
 
 
 
 

 
 
 
何故かとても落ち着くインテリア。
 
 
家具も忠実に復刻されていて、座り心地は抜群!!
 
 
夕食の後に、バーに戻ったら、華僑の金持ちそうな老人のカップルが素敵にお酒を飲んで
おられました。。。。。
 
 
シックな装いで、お二人とも美しかった、例に漏れず奥様は、肩が凝るだろうな~
と思う程の大きなダイアのネックレスを付けておられました。。。。。
でも、それがまたとても上手に着こなしておられて、、、、
 
 
 
 

 
 
 
復元されたピースホテルの内装の中に静かにとけ込んでおられました。
 
 
 
何も期待せず、只、イタリア人の親しい叔母さんに勧められてたどり着いた上海!
 
 
しばらくはこのブログでも上海フィーバーが続くかもしれません、、、、、、