BLOGブログ

2012.05.06 Sunday

早春のオランダ


 
 
 
 
 
新芽の芽吹いたオランダの春は美しいです。
 
 
 
長~い長い冬が終わり、やっとこの一週間で春が訪れた様子です。
 
 
 
チュ―リップが花開いて、街角のどの小さなコーナーにも花が咲いています。
 
 
 
日本の北部と同じで、早春花が一度に咲き始めます。今年は特に寒い冬だったそうで
 
マイナス15度くらいまで下がり、ロッテルダムの友人の庭にあったコンクリートの鉢が
 
凍った勢いで潰れてしまったそうです。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
朝方は10度くらいなので未だ肌寒いですが、船は気持ちがよい!
 
 
 
 
友人のヨットから見る風景は抜群です。
 
 
 
何せ,国土の70%が地下との事で,治水能力が世界一な謎が解けます。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
水辺から見る住宅はまた格別,オランダの人が水辺を好んで住む訳がわかります。
 
 
 
 
緑に覆われた住宅、ゆっくり静かに暮らす暮らすぶりが手に取るようです。
 
 
 
 
オランダもヨーロッパ不況の風はもろに受けていて、
 
 
美しい住宅街も沢山の売り出し物件の札を見ます。
 
 
 
 
世界的な不況の風はここまで吹いて来ています。
 
 
今まで之だけ多くの不動産の売り出しが目に付いた事がありません。。。。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
印象派の絵画のような睡蓮の池
 
 
 
 
どこでも見る普通の景色ですが、睡蓮はいつ見ても美しいです。
 
 
 
 
若しオランダに遊びにいらしたら、是非自転車を借りて下さいませ!
 
 
 
 
坂が殆どないので、高齢の私でも時間を忘れて自転車に夢中です。
 
 
道路も歩行する人よりも自転車優先、自転車に乗る事を奨励しているように感じます。
 
 
最近はヨーロッパのどの街でも自転車の貸し出しはありますが、
 
 
これ程恵まれた自転車天国は無いと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
都市計画が徹底しているオランダ
 
 
 
美しい住宅がひっそり控えています。。。。。。。