BLOGブログ

2023.01.19 Thursday

ギャラリーASAAB ONE

 

 

前回、隈研吾氏をご案内した、ソットサス設計の住宅の主人

 

エレナさんはお父様の印刷工場跡地を現代アートのギャラリーに

 

今回は、チベットからモンクがいらして’曼荼羅’を描いていると言う

 

ので、伺ってみました。

 

 

 

 

ミラノにある仏教のお寺に泊まり、一週間、このギャラリーで

 

朝から晩まで懸命に描き続けておられる様子です。

 

 

 

 

 

フィレンチェの昨年お亡くなりになった画家

 

Andrea Marescachiの繊細な白黒の絵と共に、

 

精神性が似ているので、この場所でのモンクの作業らしいです。

 

確かにじ〜と観ていると、静かな平和を祈る気持ちが仏教の

 

精神と似ているのかも知れません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真左側がエレナさんですが、すごいエネルギーです。

 

最近、オランダから戻った’ホルタ ファンタズマ’のスタジオと

 

インドのスタジオムンバイのヨーロッパオフィースが間借り

 

して、とても文化的な雰囲気です。今日は4月のサローネ時の

 

打ち合わせをされていて、今年は日本からカリモクが

 

新作を展示する様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

丁度、隈研吾氏の最新のプロジェクトの事務所ビルと

 

すぐ近くで、インダストリアルなエリアですが、

 

5、6年すれば新しいミラノの顔になっていくのでしょう

 

ミラノは最近、ガリバルディーエリアとか、どんどん

 

様変わりして、拡大しています。。。。。。