CASE 68事例 68

縦線を基調としたモダンな框扉「サンスカレッタ」に、粗い木目柄扉や石のような風合いの天板をコーディネートしたモダンなキッチン。

121-006284

潮風に晒されて風化したような表情をみせるエバルトの木目柄「ノッティホワイト」。

photo01

天板に採用したエバルトの「ピアノメルクリオ」は、天然石のような深みのある風合いが特徴。
リビング側に「サンスカレッタ」という縦線を基調としたモダンな框扉をあしらうことで、ハードなイメージになりがちな粗い木目や石の組み合わせを上品に仕上げています。

photo01

加熱機器はお掃除のしやすいIHを採用。
グリルではトーストが美味しく焼けるのでトースターが不要になりました。

はじめての食洗機も導入し、大容量のミーレ食器洗い機で1日1回夜にまとめて洗うようになりました。

photo01

今まで座卓形式だった食事が、新しい家ではキッチン横のダイニングテーブルに座るようになったことで「毎日おしゃれなレストランで食事をしているみたいに居心地が良い」とご主人。

photo01

奥様はお子様と一緒にキッチンに立つという夢が叶いとても嬉しかったそう。
今ではキッチン&ダイニングテーブルにいる時間が一番長くなっています。